Banquet ご宴会・会議

【チケット好評発売中】第10回 古典落語と小粋なディナーの夕べ

チケット好評発売中

 

竜楽師匠の味わい深い古典落語の後は余韻を楽しむ和ディナー

 

竜楽師匠の心に沁みこむ話芸の奥深さを心ゆくまで愉しんだ後、

本格会席料理はもとよりご披露宴やご宴会まで、

「おもてなし」に通じる丁寧な仕事で探求してきた和食料理長大沼幸夫の美食を

フレンチとのマリアージュで味わう遊宴です。

おもてなしの高みを目指した仙台国際ホテルが贈るひと時を

ぜひお楽しみください。

 

 

◆2017年9月11日(月)
■受付17:00〜(4階ロビー)
■開場17:30〜/古典落語 18:00〜(4階広瀬の間)
■ディナー 19:30〜(2階平成の間)

◆お一人様 ¥20,000(特別ディナー・お飲み物・税・サービス料込)

 

詳しいリーフレットはこちら

■ご予約・お問い合わせは/022-268-1110(販売促進直通)
■e-mailでのお問い合わせも承っております

 

【三遊亭竜楽(さんゆうてい りゅうらく) プロフィール】

昭和33年 群馬県生まれ。中央大学法学部卒業後、故五代目三遊亭円楽に入門する。平成4年真打に昇進。落語三遊派の正統的話芸を受け継ぐ。国立演芸場花形演芸大賞などを受賞。平成20年のフィレンツェ・ジャパンフェスティバルをきっかけに海外での現地語口演を開始する。現在までにヨーロッパ・アメリカ・中国の約50都市を訪れ、170回以上の口演を行う。日本語に加え、英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・中国語で語る国際派落語家。その活動は今年1月に世界2億8千万世帯が受信するNHK WORLDの「Direct Talk」で特集された。
平成28年にはパリ日本文化会館で落語と浮世絵のコラボレーション「RAKUGO/UKIYOE ~La rencontre de la tradition et de la modernité (伝統と現代の出会い)」を開いた。
本年は3月にイタリア(ローマ・フィレンツェ)、5月にアメリカ(ヒューストンなど)、9月にドイツで口演を行う。
朝日新聞夕刊の人気エッセイ「らくごよみ」は連載10年に及ぶ。初の多言語DVD「三遊亭竜楽の七カ国語RAKUGO」が発売中。
日本放送作家協会会員。日本脚本家連盟会員。前橋市観光大使。

 

 

【大沼幸夫(おおぬま ゆきお)プロフィール】

仙台国際ホテル 和食料理長

東北割烹研究会 副理事長/職業訓練指導員

仙台市技能職団体連絡協議会 表彰/公益社団法人日本全職業調理師協会 表彰/仙台市技能功労賞 表彰

 

【料理監修:中村善二(なかむら ぜんじ) プロフィール】
仙台国際ホテル 総料理長
(公社)全日本司厨士協会 関東総合地方本部 宮城県本部主席副会長/(社)宮城県調理師会会長/(社)日本エスコフィエ協会理事/ゴブラン会会員/宮城県大崎市おおさき宝大使
平成27年 春の黄綬褒章受章

Copyright (C) 2015 Sendai Kokusai Hotel. All Rights Reserved.