総支配人 野口育男のこだわりコラム

総支配人がレポートするこの店のこの一品 Vol.23 【朝食】

「朝食委員会」朝8時30分、試食を終えた後スタート。総支配人、総料理長以下、スタッフが侃々諤々、「温野菜の彩りはどうか?」「熱々の湯豆腐の出し方は?」「トングの形状はこれでいいのか?」「味噌汁に入れる乾燥わかめの適量提供方は?」仙台国際ホテルに相応しい理想の朝食を求めて 食べ手の立場での議論が続く。
2012年から毎月、今月で第67回を数える。
その成果を見ていただきたい。
まずはサラダを取る、通常のレタスやオニオンスライスの他に、赤芯大根、青首大根のスライス、細かくサイコロ状に形を整えられたポテトサラダ、所謂、たいめいけんサラダ風コールスローが目を引く、どれも丁寧な仕事の産物、思わず笑みが浮かぶ。もちろんドレッシングも手作り、フレンチをはじめ、仙台味噌を隠し味にしたハーブオイルも好評、デリカショップでも販売している。
ベーコンでもトッピングしようか? と思いきや、そこにはカリカリのクリスピータイプと肉厚しっとりタイプの2種、こだわりの賜物。
ご当地グルメコーナーでは、笹かまや、ずんだもちをはじめ、白石温麺、手作り牛タンハムが並ぶ、牛タンカレー、石巻焼きそばもあるぞ。
ミシュラン掲載レストラン、翠林からも人気の麻婆豆腐が参戦! これを焼きそばと合わせれば、今売出し中のご当地B級グルメ、麻婆焼きそばに変身する。
ブーランジェも黙っちゃいない、人気の手作りイギリスパン、ライ麦パン、米粉パンで応戦する。
パティシェからは、人気のベイクドチーズケーキをはじめ、仙台味噌を隠し味にした、仙台かすてら・東北ガンバロール等、ホテル土産のベスト3が並ぶ。これにぴったり、こだわりの有機栽培コーヒーが美味しい。コクと旨味、苦みのハーモニー、最初の一口でその違いはお解りいただけるであろう。

 

という具合に常時70種類。朝から胃の腑に優しい食べ過ぎ注意報発令!
仙台国際ホテルの朝食恐るべし。

 

■料金 お一人様 ¥2,200 (税別)
■ 時間 7:00〜9:30
■ 朝食会場 ホテル1階 コーヒーハウス
※ご宿泊のお客様だけでなく、どなた様もお気軽にご利用いただけます。

 

朝食2

 

Copyright (C) 2015 Sendai Kokusai Hotel. All Rights Reserved.